タイ式睾丸マッサージで絶倫ペニスを作る方法【図解】

マスターベーションをするとき、ペニスをただ上下にシゴいて、精子を作る器官である「睾丸」に何一つ触れずに、ただ射精するだけでは日々実に勿体無い事をしています。日々のオナニーで睾丸を刺激する睾丸オナニーをするだけで、性力上がり絶倫ペニスを作り上げることができるのです。

睾丸は精子を作り出す機能はもちろんですが、男性ホルモンである「テストステロン」など性ホルモンを分泌する器官なのです。テストステロンの95%は睾丸で分泌されますが、20代をピークに減少するとされています。

 

しかし、睾丸を整えることで、テストステロンが分泌されて勃起力を高める血管を強めるので、睾丸にアプローチをかけることは、勃起力を高める効果が期待できるんですね。

更に、テストステロンが高まれば、勃起力が上がり「気力・精力アップ」「集中力アップ」「自信アップ」「筋肉・骨強化」と絶倫ペニスと言っても過言ではない効果をもたらします。

 

なので、この動画では絶倫ペニスを作り上げるために、タイ式マッサージを取り入れた最高の睾丸オナニー法をお伝えします。

 

睾丸オナニー法【睾丸マッサージ】

睾丸とは

睾丸は、「金玉」「ゴールデンボール」とも呼ばれていますが、金色ではなく白色であり、体外にある唯一の器官です。睾丸で作られる精子は熱に弱いので体外にあるんですね。

その大きさは縦5cm、横2,5cm程で、重さは10〜15gの卵形になります。睾丸はデリケートなので、睾丸をマッサージするときに、強くやり過ぎたり痛みを感じるほどは行う必要はありません。また爪も伸び過ぎてしまうと傷つけてしまうので切って尖っていない状態で行いましょう。

 

お風呂などで睾丸のみのマッサージを行ってもいいのですが、継続が難しいので、オナニーをする時にセットとして行うと習慣になりやすいです。

 

睾丸マッサージ手順

睾丸マッサージをすると、睾丸周辺の血流が増加する効果も期待できるので、勃起力が改善しやすいです。

睾丸オナニー法の手順では

  1. 両手で陰茎の付け根と会陰の指圧マッサージ
  2. 陰嚢→睾丸→精管の順でマッサージ
  3. 陰茎・骨盤底筋トレ

この3つで行います。(一つの図解で色分け)

 

ステップ1

  1. ペニスと睾丸をつなぐ根元を押し込む
  2. 睾丸・陰嚢の下までぐるりと一周押しながら回る
  3. 下に到達したら校門と睾丸の間の会陰(前立腺)部分も優しく押す

押すときは、「ゆっくりとかけて、ゆっくりとゆるめる」を基本で気持ちがいいと感じる強さで押し込みましょう。

 

ステップ2

  1. 睾丸を手全体で包み込んで人差し指から小指まで順に動かして陰嚢・睾丸を温める
  2. 陰嚢を親指と人差し指・中指でつまみ上下左右に引っ張る
  3. 睾丸を指全体を使って掴み上下左右に引っ張る
  4. 精管を引っ張り上下伸縮させて人差し指と親指で転がし左右にマッサージ

温めるウォーミングアップでは、睾丸の硬さや大きさなど日々の体調や習慣によって変化するので指を動かしながら、大きさ硬さをチェックする意識で行いましょう。

陰嚢とは、睾丸を包んでいる玉袋を言います。陰嚢を伸ばす事で表面の血流を良くなり玉袋の伸縮性を上げます。

 

睾丸を直接掴み刺激するので、痛みが出る強さでは行わないようにしましょう。中国マッサージ式では、慣れてきたら軽く四指を使い睾丸を叩くなどで刺激を与えてもいいようです。

睾丸の上にコリコリとした管が精液の通路である精管になります。停滞した精管の精液や組織の調子を整えペニス全体の活性化が期待できます。優しく行うように注意しましょう。

 

ステップ3

  1. 半勃起状態で親指と人差し指を使い根元を握り圧を加えながら亀頭手前まで動かす
  2. 同時にお尻の穴を締めます

 

ステップ3では、睾丸マッサージにより血流が良くなり半勃起状態で行いましょう。もし睾丸マッサージで柔らかい状態でしたら陰茎に刺激を与え半勃起状態にしましょう。

陰茎も勃起を支える筋肉の一つなのでほぐす事で血流がよくなり、勃起力が上がります。ペニス亀頭部分に向けて2~3秒ほどかけて圧を加えながら血液を送り出すイメージで行うといいです。

おしりの穴をすぼめて肛筋を意識して閉じる事で、勃起力をより促す骨盤底筋を同時に鍛えられるので、圧をかけている間はお尻の穴をすぼめて、手を離したらお尻の穴の力を抜いて休憩しましょう。また、再び圧をかけるときにすぼめる運動をする様に「脱力」⇆「力み」の繰り返しが効果的です。

 

最後、マスターベーションを行うときに、眼球を上に動かして、舌を丸めて裏筋を上に引っ張り上げながら行ってみましょう。舌の裏側は睾丸の裏筋部分と繋がっていると言われており、眼球を上を見ることで筋が突っ張る感じを体感できるので、強い勃起力を身体で体感しながらイメージができるので効果的になります。

 

睾丸オナニーの注意点

睾丸オナニーの効果をより感じるには、ストレッチしたり体が温まっている状態だとより効果的です。なので、浴槽に温まった後のタイミングもいいですね。

睾丸や陰茎をマッサージするときに、滑りがいいとやりやすいです。なので、潤滑剤としてシャンプーやリンスを使いたくなりますが、「擦れ、かゆみ、乾燥、化学火傷」を引き起こしてしまう可能性がありますので、「ローション」「ワセリン」「ベビーオイル」「オリーブオイル」など肌にいいものを使えるとやり易いです。

 

また、どのマッサージも痛みが出るほど行う必要はありませんし、必ずしも全て手順通り行わなくてもいいで、一部を普段のマスターベーションの前後に取り入れるだけでも、効果があるので取り入れてみてください。

 

睾丸にいい食事5選【コンビニ・外食】

睾丸に対して外からのアプローチはとても大切ですが、中からの睾丸を整えることも同様に大切です。食事として摂取した栄養素によってテストステロンの分泌量も左右されるほどなので、睾丸にいい食事も一緒に取り入れていきましょう。

テストステロンはタンパク質合成を促す作用があります。なので、タンパク質の元になる「アミノ酸」摂取はとても大切です。そして、テストステロンと密接な関係性がある「亜鉛」は、構成化ビタミン(ビタミンBやC、E)も男性ホルモンの活性化に効果的です。

 

より良い食材、最適な料理方法によってバランスの良い食事が睾丸にとって大切ですが、ここでは、コンビニや外食など身近にあり、すぐに食べられる物をピックアップしてお伝えします。

 

ゆで卵

卵にはタンパク質、ミネラル、ビタミンとバランス良く栄養素が含んでおり、タンパク質には必須アミノ酸を含んでいるので栄養素が豊富な食事です。さらに、ゆで卵にはコレステロールが含まれており、コレステロールは、テストステロンを生成する栄養素なのです。

 

牡蠣フライ

カキには亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛は新しい細胞や組織を生成するミネラルであり、亜鉛は不足することでテストステロン値が低下する研究もあり、亜鉛とテストステロンはとても密接な関係性があります。

 

ブロッコリー

ブロッコリーは、ビタミンがとても豊富であり、たんぱく質が野菜の中でも豊富です。ビタミンがテストステロン分泌にはとても大切です。さらにブロッコリーには、女性ホルモンエストロゲンを抑えて男性ホルモンを増強する働きがあります。

 

ニンジン

ニンジンのセリ科の野菜には「テストステロン」など性ホルモンと似た構造を持っており、男性ホルモンの働きをサポートする効果があります。

 

アボカド

ホルモン調整の司令塔・脳の視床下部の働きを活発にする「ビタミンE」を豊富に含んでいるので、テストステロン 分泌に効果があります。

 

まとめ

睾丸を整えることで、テストステロン不足による「頻尿」「腰痛」「記憶力・集中力」改善にも効果が期待できたりと、睾丸は人生のパートナーなので、睾丸とより良いお付き合いができればいいですよね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です