AV男優「しみけん」の最強すぎるセックステクニック術5選【図解動画】

こんにちは、ゆいです。AV男優「しみけん」を知っていますか?AV動画だけでなく、ネットやテレビ番組で多く出演しているので、知っている方が多いかと思います。

 

私自身、セックステクニックを勉強する為の教材として「しみけん」テクニックは重宝していました。実際に「しみけん」氏のテクニックを学ぶ為に多くの教材を重宝しています。

 

今回、数多くのセックステクニックを世に輩出している「しみけん」テクの中から、私が「これは女性にとって凄い!」って技・テクニックを厳選してランキングで図解していきます。女性の私の意見も交えながら、分かりやすく解説していきますよ!

 

しみテク第5位:ロールスロイス

ロールスロイスという体位は、いわゆる後背位(バック)の変形であり「しみけん氏」のテクニックの中でも有名なセックス体位です。

  1. 女性が四つん這いのバックの体勢
  2. バックの状態から女性の体勢を起こして座位の体勢に男性が背面座位のような体勢
  3. 男性は両足で女性の膝を締め付け固定
  4. 男性が女性の腕を支えながらひざ立ち状態でピストン運動する

女性側の観点からもロールスロイス体位は、女性の中イキの性感帯ポイントでもある「Gスポット」にも刺激がおこないやすく、「ポルチオ」にも刺激しやすいのです。なので、大きな快感を感じやすい体位になります。しかし、女性はこの体勢をするときに腹筋と背筋を結構使います。なので腰にも負担がかかりますし、女性の体が硬いと更にキツいです。

男性は女性の体勢を上手く支えながら、ピストン運動を行う必要がありますし、バランスを保ちながら一定のリズムで腰を動かし続けることができる男性はかなり少ないです。なので、性感帯刺激としては素晴らしい体位なのですが、「男女共にある程度の筋力(特に男性)」「男性のテクニック」が必要なので、2人が条件を満たしている必要があるので誰でも簡単にできる体位ではありませんね。

 

ですが、セックス中なぜかロールスルイスを入れたがりの男性が多いので少し困りものです

 

そういう意味では、Gスポットからポルチオへ性感帯刺激ができる体位でやり易いのは、バックから「寝バック」に移行した方が、ロールスロイスよりも女性の負担も少なく、男性のテクニックも必要ないですね。

ただ、寝バックの方が女性のお尻の肉が邪魔するため、ペニスの大きさがロールスロイスよりも必要にはなります。それぞれメリットデメリットがあります。

 

しみテク第4位:逆ベクトルピストン

逆ベクトルピストンとは、挿入してピストン運動をするとき逆の力を加えることで、男女ともに負担を軽減できるピストンテクニックになります。正常位では、女性に覆い被さるのではなく、上半身は上げたまま、女性の肩を持ち、ペニスで突いた時に逆方向に力をかけて女性が動かないようにします。

 

このピストン方法では、女性側からの体感ですと、まず体の負担が少ないのです。そして、優しくトントンと押すピストンと組み合わさるとより気持ちがいいです。一方向に押すばかりだと、体勢を立て直そうとして体が疲れてしまい快感に集中ができません。

 

実際に、引っ張りながらピストンをしてくれる男性もいますが「強く突いて強く引き付ける」「突くタイミングに引くタイミングがバラバラ」で行ってしまう男性もいて、これだと女性側は身体的にきついので、このテクニックでは支える場所を定めたら「強さの調節」「タイミング」が女性に快感を与えるためには必要になります。

 

しみテク第3位:しみクンニ

しみクンニの方法は、クリトリスを舌でクンニしながら同時に乳首を縦方向に刺激します。そして、良いタイミングで中指を使い膣奥に挿入してから手前に引き戻します。その途中のGスポットで指を圧迫した状態で指を止めます。指は動かす必要はなく圧力をかけ続けてクンニと乳首の刺激を続けます。

 

このクンニ方法では、女性の観点からすると「複数刺激」が好きな女性にとっては最高の刺激方法になりますね。Gスポットを圧迫した状態で指を止めて性感帯位置をズラさないのもいいですが、優しくトントンと継続的なリズム圧迫をされるとより快感を感じられる女性もいます。

女性によっては乳首とクンニの同時刺激が好きだけど、膣内との同時刺激だとクンニ刺激の快感に集中できない方もいますし、クリトリスのみの刺激がイキやすい女性もいます。なので、女性によってどの刺激が快感を得やすいのか判断した上で刺激する方法を定めるとベストです。

 

しみテク第2位:脚を交差する半側位【短小向け】

ペニスが8cm弱だと仮定してこのペニスの大きさでも女性を満足させる方法になります。女性の膣奥は平均8cmなので、8cm弱あれば十分満足させることができるんですね。

しみけん氏のおすすめの体位が脚を交差する「半側位」になります。女性の上にある脚を前に出して、女性の脚の間に男性の片足を間に入れることで、男性はピストンする時に体重を乗せることができて、Gスポット経由して奥まで刺激することができるのです。女性の上の脚をズラすことでお尻部分が挿入を邪魔しないので奥まで入ることができます。

この体位は側位や寝バックの変形型の一つでもあるのですが、寝バックではお尻によってペニスが奥まで挿入しにくいのですが、この側位が斜め状態になった半側位の体勢は、深く挿入しやすくGスポットに刺激がしやすいのです。なので、寝バックのデメリットを抑えつつ、メリットを活かせる体位なんですね。

ただ、半側位では、強く体重をかけて斜め下にピストンをされ続けると女性側は腰のズレるような負担がかかるので、右手で上になる脚の太ももに支えをおいて、ピストンに合わせて左手で肩を引き寄せると女性側は負担が少なく快感に集中しやすいです。

男性側に負担がかかりテクニックが必要とされる体位になりますね。

 

しみテク第1位:セックスの為の準備

セックステクニックで凄いのは色々とありましたが、何よりも凄まじく他の方とは違うのが「セックスの為の準備」です。

例えば、セックス前の準備として「爪を切る」事は多くの人が行っていますが、しみけん氏は爪の「ヤスリ」にも拘り専用のガラスヤスリでしっかりと手入れを行い、さらに気づいた時には「ワセリン」を爪に塗るようにして爪の硬さを柔らかくなるように準備をしています。女性の膣に指を入れた時により痛みがなく優しい刺激になりますね。

更に日々の、食事、運動、睡眠管理をちゃんと行なっているからこそセックステクニックが活かせます。現場終わり(射精後)には精力(次のセックスの為)をつけるために「アルギニン」「亜鉛」「グルタミン」を補給して、脳や神経系のエネルギー源になる「デキストリン」まで補給を行っております。

 

しみけん氏のセックス前の準備からも分かるように、セックスで成功するかどうかは、セックス前の準備段階にかかっていると言っても過言ではないんですね。

 

まとめ

今回、AV男優「しみけん」の最強すぎるセックステクニック術5選として

  1. ロールスロイス
  2. 逆ベクトルピストン
  3. しみクンニ
  4. 半側位【短小向け】
  5. セックスの為の準備

を紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です