セックステクニック教材完全版!男性用まとめ【図解・動画】

みなさんセックステクニックに自身有りますか?「AV動画でマスターしてるぜ」って男性は論外ですが、「ある程度自身あるよ!」って男性もいるかと思いますが、もしかしたら、彼女や妻は男性に対して、セックスに対して駄目出しをする事ができないけれど「もっとこうしてほしいな」と希望があるかもしれませんよ。

今回は、重要なセックステクニックを抑えて、女性から上手だったと思ってもらえるセックス教材動画としてお話していきますね!セックステクニックに自身が無い方は、是非みて行ってくださいね!

では、今からセックス全体の流れをお話していくのですが、まず重要なポイントをお話します。

抑えるべきポイントは、4つ!

  • 清潔感ある身だしなみ
  • 丁寧で狙いを定めた前戯
  • 痛みを与えない的確な挿入・腰振り
  • ほとんどの男性が出来ていない後戯

この4つさえ出来てしまえば、十分なセックステクニックを持っていると言えますね。

では、順番にお話していきますね。

動画はこちらから(記事は下に続きます)

 

清潔感ある身だしなみ

↓こんな状態ではよろしくありませんね!

では、まず1つ目の「清潔感ある身だしなみ」ですが、意外にもこれをクリア出来ない男性がかなりいるので要注意です。

身だしなみですが、「髭」「髪」「口臭」「爪」「服装」には最低限気をつけましょう。そしてその中でも、ブレスケア、歯磨きをしっかりと行い「口臭」に気をつけて、「爪」は深爪意識で切りましょう。

ただ、切りっ放しだととんがって痛いのでヤスリかけは行いましょう。口臭が強ければ、興奮も冷めてしまいますし、爪がとんがっていると膣内に指を挿れた時に、女性を傷つけてしまうのでこれらは、男性はセックス前に最低限行なってほしい事前準備ですね。

↓このように清潔意識です!

 

丁寧で狙いを定めた前戯

では、ポイント2つ目「丁寧で狙いを定めた前戯」になります。

前戯は適度にある程度って男性は、特にここに力を注いでほしい点です。むしろ、セックステクニックの一番の肝は前戯なんです。前戯がよければ、多少他が欠けていたとしても、女性は精神的にも満たされます。

では、前戯の抑えるポイントは「温度が合ったキス」「狙いを定めた体の愛撫」「丁寧なクリトリスの刺激」です。

 

温度が合ったキス

セックスの多くはキスからはじまりまり、そしてセックスの間で色々なキスをしますよね。キスはセックスをする中でとてもと〜ても、重要な役割をはたしているのです。女性としては男性からの愛情を感じるためにキスをして欲しいと思うのですが、温度差が有ってしまうと興奮するどころか引いてしまう場合も有ります。

なので、「温度が合ったキス」が大切になります。例えば、キス始めに、いきなりディープキスをしてデロデロしてしまっては、女性は心の準備も出来ていませんし、興奮は出来ません。最初は、軽いキスを行い、相手の反応をみて、唇を挟んだり、そして舌をゆっくり入れていったりと、ゆっくりと順を追ったキスを行いましょう。

相手の女性がディープキスに応えてくれたなら、自分の舌を相手の舌の動きに合わせて動かしたりと相手の感情や動きに合わせる事ができるキスがいいですね。

因みに、男性はキスするとき、女性の唇を見て視覚的な興奮、女性はキスするとき、男性の唇を感覚的に興奮するそうですよ。

 

狙いを定めた体の愛撫

では、「狙いを定めた体の愛撫」です。愛撫部分として、体全体ですが特に「耳」「首」「ふともも」そして「おっぱい」が感じやすいですね。激しく本能のままに行なってしまうと、痛いだけなので、基本的には優しいソフトタッチを中心に触ったり、キスでの愛撫をしてあげましょう。

舌を使った愛撫もいいのですが、唾液まみれにしてしまうことだけは、避けましょうね。体に水分が残った状態になることやにおいが残ることで嫌がれる場合も有ります。

では全体としての愛撫で守っていくべき点はこれくらいにして、「耳」「首」「胸」「ふともも」について女性が喜ぶ攻め方を簡単に紹介します。

耳の愛撫は、基本的には耳の外側から攻めていきます。例えば、キスをしながらどちらかの手で耳を触るというイメージです。耳を触るときは親指と人差し指の腹の部分で擦るように触ったり、人差し指の腹の部分で耳の外周に沿って指を這わせるなどです。

そのまま肩や胸へと自然な流れで攻めることもできます。ソフトキスをしたり、息を優しく吹きかけたり、甘噛みしても脳にダイレクトに伝わるので、女性は感じやすい場所です。

 

では、「首」です。

首といっても、複数範囲が有り、首の側面や付け根など感じやすい女性が多いです。また、鎖骨部分や鎖骨窪み部分が感じる女性も多いです。首は、キスからの流れで愛撫もしやすい部位なため、反応を見て愛撫してあげてください。

では、次に「胸」の愛撫です。

突然乳首にむしゃぶりついたり、強くおっぱいを揉みしだいたりする事は、避けましょう。他部位の愛撫と同様で、優しく揉む事は基本として、いきなり乳首は触らず、焦らすように乳首周りをフェザータッチやキスをしながら、乳首に到達するような焦りがある愛撫ができればいいですね。

生理で胸が張ってしまって少しの刺激で痛みがある時期があったり、女性でもおっぱいや乳首の刺激が感じにくい、好きじゃない人もいるので、必ずしも女性がおっぱいが感じる訳では有りませんよ。

では、最後に「ふともも」の愛撫です。

こちらは女性器への愛撫をする、焦りを与える事ができる部分でも有りますね。内側をソフトタッチでなで上げたりしつつ、女性器への刺激準備をしてあげましょう。焦りがあるだけで、女性の性感帯を触った時の感度具合は全然違ったものになります!

愛撫場所は、他にも「手の指先」、「頭」、「あばら骨や鎖骨」、「肩周辺」など女性によって敏感な部分はいくつも有りますし、感度が違いますし、日によって違いますので、愛撫中に、女性の反応を見つつ特に感じやすい場所を見つけたら、「狙いを定めた体の愛撫」をしてあげてください。

 

丁寧なクリトリスの刺激

では、ここまで愛撫を行なったら、クリトリスを含めた女性器への愛撫ですね!

ここは、ほぼほぼどの女性にとっても性感帯になりますね。最初にお伝えしておきたいのが、とても敏感で有りデリケートな場所なので、優しく扱ってあげてください。

まずは、パンツ越しに女性器の大陰唇を触り、クリトリス、小陰唇、膣口部分を優しくなぞるように触るようにしましょう。パンツの上からでも女性にとってかなり気持ちがいい場所です。

クリトリスは、女性の性器の中で、一番外側にある性感帯と言えます。場所はひとによって多少の違いはありますが、小陰唇の合わさった一番上の部分にあります。

クリトリスを直接触るのでしたら、濡れた状態で本当に優しく指の腹を使って上下や左右に刺激を行いましょう。例えるなら、豆腐が崩れないくらいの力加減で肌の同士の摩擦が起きる事無い状態で愛撫を行いましょう!

舌を使う場合には、舌を硬くとんがらせるやり方ではなく、柔らかい舌で優しく舐めてあげましょう。男性は強めにクリトリスを刺激してしまい、女性は、気持ちよさよりも痛みの方が強い場合が本当に多いのでここはしっかりと覚えておきましょう!

もし、女性がいきそうな感覚があるようでしたら、一定の刺激を続けるようにする事でオーガズムを感じやすいですよ。

ここで、必ずイカする事が出来ない事は有ります。男性のテクニックが理由である場合も有りますが、女性自身、他の人の指や舌刺激ではイキにくい人もいますので、必ずしもイカする事は考えなくても大丈夫!

もし、男性のテクニックが原因でイケ無い場合でも、優しい刺激を丁寧に行なったかが重要ですよ。因みに、いきなりクリトリスの皮を剥いて刺激をしてしまう男性はいますが、女性によっては刺激が強くて痛みを感じてしまう場合が有りますので、クリトリスの皮は剥かずに、まずは皮の上から刺激することがいいですね。

もし、皮の上からの刺激で女性の反応が不十分でしたら「剥いてもいい」と聞いて反応を見た方がいいですね。クリの皮を剥くなら指をVの字にして、クリトリスをつまむようにして指を触れさせます。そのまま左右に広げれば、摩擦の痛みが無くクリトリスがしっかり顔を出していきますよ。

愛撫する正しい順序などは有りませんが、わかりやすい愛撫テンプレートとしては、「キス」「耳」「首」「胸」「ふともも」「クリトリス」の順で行えばスムーズに行えますよ。

また、愛撫テクニックとして、胸を触りながらクリトリスの刺激を行なったりキスをしながら耳を触ったりと、同時に攻めるのももちろんいい事ですが、それより丁寧に優しく行なってあげる事ができる事が何より大切だと言えますね!

ここからは、少し経験とテクニックが必要になりますが、クリトリスまで愛撫を行い女性の膣内も十分に濡れているようでしたら、クリトリスの下の尿道口よりも更に下にある膣口に指を挿入して刺激を行うのもいいですね!(図解入れて)

ただ、闇雲に膣内に指を入れて刺激するのでは女性はなかなか快感を感じる事は出来ません。女性の膣内の性感帯として「Gスポット」部分を刺激する事がいいですね。快感を得られたり、女性によっては開発が出来ており、イク事もできるのです。

女性によって正確な位置は違いますが目安として、「第二関節まで膣に指を挿れて、指の腹に当たる部分」で「手触りがなんとなくザラザラしているところ」ですね。膣口から3~5㎝のお腹側の壁を部分がGスポットになります。セックスの最中で女性が興奮しているなら、もしかしたらかすかに膨らんでいる場合も有ります。

見つけたザラザラ部分を撫でて、女性がピクリと身を竦ませればGスポット部分を触っている可能性が有ります。すぐに見つからなくても、反応を見ながらじっくり探してみましょう。

指の動かし方ですが、AVでは主流な膣内を掻きまわすように激しくする手マン。女性からすると苦痛でしか無いです。

挿入後の指の動かし方で大切なのが、ゆっくりとしたリズム感です。ゆっくり押して離すなど、女性の反応を見ながら一番気持ち良さそうな指の動きを丁寧に探っていきましょう。決してAVのように激しく抜き差しするような動きはやめましょうね!

 

痛みを与えない的確な挿入・腰振り

前戯が終わったら、いよいよ挿入です。男性によってはなるべくここまでの過程をすっ飛ばして挿入をしたい人はいますが、愛撫を優しくじっくりしてあげれば、挿入自体が下手だったとしても、精神的に女性は満足ができるので、愛撫は本当に大切ですよ!

まあ、そうは言っても、挿入も上手くできることに越した事はありませんので、ここでは挿入で「これだけ行えば」って事をポイントを3つに限定してお話をしていきます。

では、女性にとって特に満足ができる挿入テクニックは

  1. 挿入後はすぐにピストンを行わず形状を馴染ませる
  2. 激しく抜き差しするピストンでは無くストローク短く早く小刻みなピストン
  3. セックス体位はコロコロ変えず2〜3個に限定しよう

の3つです。

挿入後はすぐにピストンを行わず形状を馴染ませる

まず一番。ペニスを挿入した後、挿入後はすぐに激しくペニスを動かす男性がいますが、これはNGです。

女性器自体、愛撫でよくほぐされていればマシですが、挿入してすぐは、男性器の形を膣内が慣れていないため、すぐに激しくピストン運動をすると痛みが出てしまう場合があります。なので、形状を膣内が記憶するためにも、少しの間動かずにいる事で、女性は痛みを感じることが無く感度が大きくなります。

挿入してからピストン運動するまでの動かない時間ですが1分以上は欲しいですね。動かないと言っても、その間にはキスをしたり他の愛撫はしてあげてくださいね!

激しく抜き差しするピストンでは無くストローク短く早く小刻みなピストン

では、二番。挿入でのピストン運動では、激しく抜き差しを行う男性がいます。まあ、無駄な動きも多いため大抵ピストン中に疲れてしまうため、途中かなり休み休みなってしまっていますね。それに、男性のペニス挿入位置も定まらないため、女性はところどころ痛みを感じてしまう場合もあります。

そんな、上半身ごと動くような大ぶりなピストンをやめて、下半身だけでトントントン…とテンポを速めて、小刻みに腰を動かすことができれば、女性は痛み無く性感帯に与える回数も増えて、深いストロークでの出し入れよりずっと気持ちよくなれるケースが多いです。

そして、一定の刺激ペースでの方が女性をオーガズムまで持っていきやすいです。

セックス体位はコロコロ変えず2〜3個に限定しよう

そして、三番。挿入体位ですが、男性の中には、体位を次々と変える方がいますが、それはやめておいたほうが良いですね。

それよりは、1つ2つの体位に絞って女性が気持ちよくなれるようじっくりと同じ対位を行った方が良いですね。またAV動画を参考にしたのか、見た目が派手なセックス対位を行う方もいますが、それよりは女性にとって体勢が楽で快感を感じられる体位が良いですね。例えば「正常位」「騎乗位」「バック」「対面座位」など良いですね。

もし、Gスポットがより感じられる様子ならば「腰上げ正常位」「寝バック」などはGスポットに角度的にも当たりやすいのでおすすめですよ!また、ただ機械的に腰を振っているのではなく、キスしながらだったり、耳元で「可愛いね」など囁いたりなど愛情も伝えられる事ができればより良いですね。

ほとんどの男性が出来ていない後戯

では、「挿入で女性を満足もさせた!そして、俺も射精したからセックス終わり!」とセックス終了後は冷たい感じに振舞ってしまう男性は多くいます。しかし、ここが私が特に声を大にしてお願いしたいところで、男性はセックス後こそ大事にして欲しいのです。前戯くらい大切に思ってもらっても良いです。

男性は俗に言う賢者タイムとして、射精後は、余韻もあまり無いため、セックス後は、さっさと寝てしまったり、スマホを弄りだしたり、一人でさっさと服を着替えたりしてしまう方がいます。しかし女性の場合には、セックス後の余韻は徐々に引いていくので、終わった後に愛や温もりを欲するのです。

なので、セックス後にも愛情を伝えるように、お喋りしたり添い寝したり、一緒にシャワーでイチャイチャしたりと行って上げれば良いですね!これがほとんどの男性ができていないので、後戯ができるだけで他の男性と差を付けられます。

「最後よければ全てよし」と言うように、最後がよければ良いセックスになりますし、逆に最後を適当な対応になってしまうと女性にとってその日のセックス があまり良い物に感じられなくなってしまうかもしれません。それくらい、後戯を大切にすることが男性のテクニックとしては物凄い重要なポイントになります。

まとめ

では、まとめです。セックスで男性が抑えるべきポイントとしては、

  1. 清潔感ある身だしなみ
  2. 丁寧で狙いを定めた前戯
  3. 痛みを与えない的確な挿入・腰振り
  4. ほとんどの男性が出来ていない後戯

の4つです。

全てに共通して言えることは、乱暴に扱わず優しく丁寧に愛情を伝える事ができれば良いですね!必ずしも女性をイカする事ができるとは限りませんので、焦らず愛情を感じられるセックス ができればオーガズムまで達する事ができなくても女性は満足してくれるかと思いますよ!

ここまで、女性が求めるセックス教材テクニック動画として色々とお話をしてきましたが、これが正しいという絶対はありませんし、女性によっては全く違うことだってあります。なので、互いに思い遣りを持って2人にとってより合った物見つけていければ良いなと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です