男性がおっぱいが大好きな理由4選【イラスト図解】

女性が赤ちゃんにミルクとして上げるおっぱい。赤ちゃんの頃だけが少なのかといえばそうではなく、大人になってからもおっぱいを見たり触ったりするのが好きな男性は多いですし、おっぱいには夢がつまっていると表現も多々されます。

初対面で男女が出会ってから約8割ほどの男性が無意識に胸を見てチェックをしているのです。

また、スペイン・アメリカで行われた研究では弾力あるおっぱいであるほど若くして最初の子を産んでいる傾向があったそうです。

 

おっぱいには色々な意味で注目が集められるのですが、何故多くの男性がおっぱいが好きなのでしょうか?

 

男性がおっぱい大好きな理由4選

おっぱいが好きな理由となる諸説は色々とありますが、有力となるものをピックアップします。

おっぱいはお尻の代わり

4足歩行時代では、お猿さんの時にはお尻が赤くて大きいことで性的なアピールが可能でした。現在の猿もメスが発情期にはお尻が赤くなってオスに対して性的アピールを行いますね。

しかし、4足歩行では性行為も後背位(バック)が基本でしたが、2足歩行になり正常位をするようになり、お尻が目立たなくなり、性的アピールポイントが体の前に必要になり胸が発達したんですね。

 

柔らかいもの・自分にないもの

人間の性質として柔らかいものは脳に快感・リラックス作用をもたらします。

なので、男性問わず「柔らかく弾力ある胸を触り快感を得たい」と無意識にあるんですね。また、男性の場合には、自分にない器官への憧れもありさらに興味をそそります。

 

触ってはいけない・隠されているから

当たり前ですが、おっぱいを出して街を歩いている人はいませんし、街いる人の触ってはいけません。また、露出はしているけれど乳首は出してはいけない媒体が多い事からも、おっぱいや乳首部分により男性は興味を示してしまういます。

 

見る機会がなく、見てはいけないものという常識があるため、より一層性的好奇心を高め、それが、おっぱいへの異常な興味や執着に繋がっているのではないでしょうか。心理学ではカリギュラ効果といい、禁止されているものはかえって興味を持ってしまうんですね。

逆に、全女性が胸をさらけ出しても問題ない社会になってしまったら、おっぱいへの興味がかなり薄れてしまうかもしれませんね。

 

年をとるとお尻派に

男性の傾向として年齢を重ねると一定数「おっぱい」よりも「お尻」の方が気になり好きになってきます。この説は、年齢を重ねることにより4足歩行時代の遺伝子記憶が潜在的に影響を与えて蘇るからと言われています。当チャンネルでもアンケートをとり、「おっぱい好き」から「お尻好き」になった人が4人に1人もいたので驚きです。

 

進化論、心理学から男性がおっぱいが大好きな理由を4戦お話ししました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です