【クントレ】女性が求める最高のクンニトレーニング方法4選

みなさんは、舌のトレーニングをしていますか?舌での行為では「舌のスピード」「舌の操作性」「舌のスタミナ」はとても重要です。舌はほとんど筋肉で出来ているので、鍛えれば鍛えるほど性能は上がっていきますが、舌を普段から動かしていない人にとっては舌の性能パラメーターは低くなってしまいます。

 

舌トレーニングをすることで「舌の性能」だけでなく「美容」「健康」にも効果があるので「最高のクントレ方法」と「クントレをするメリット」をお話ししていきます。

 

クントレのメリット3選

浮気を抑える

インディアナ大学含む共同研究で927人の男女を対象にした調査では、女性の浮気の原因が「パートナーとの関係幸福度が低い」事が大きな原因となり、パートナーと体の相性が悪いことで浮気する確率は、幸福度が高い女性と比較すると3倍の差がありました。

 

また、進化心理学(Journal of Evolutionary Psychology)に掲載され、異性愛関係にある243人の成人男性を調査した研究では「舌での行為」が女性の浮気を抑える為の行為として行っていることが大きな理由の一つになっているように、舌での行為が上手であれば、男性にとって女性との関係性をよりよくするツールになるのです。

 

女性をイカせやすい

52,000人を対象にしたチャップマン大学、キンゼイ研究所が行った大規模な調査では、一度の性行為で「95%」の男性はオーガズムまで達することができていますが、女性は「65%」の割合でしかオーガズムに達することができていないのです。

 

しかし、レズビアンの女性では「89%」の割合でオーガズムに達することができているのです。

 

つまり、女性の方がイカせるテクニックに長けていることが分かり、データによると舌を使うことが多く占める「性器の刺激、舌を使ったキス、舌での行為」の3つこそが女性がオーガズムに達するには科学的に最適な方法であることを明らかにしているのです。

 

手より舌は痛みがない

手で女性のデリケートな場所を刺激する時に、爪はもちろん、ささくれ、皮膚の硬さ、乾燥によって痛みが発生しやすく快感につながりにくいです。しかし、舌を使うことで硬さの調整ができ、濡れた状態での刺激ができるので快感を邪魔しにくいのです。

 

なので、手技よりも舌技を磨くことが失敗率が高く、女性への優しい刺激可能になります。

 

舌トレーニング4選

筋トレ編

舌の筋肉をまんべんなく鍛えて舌の性能向上が期待できる基礎力を上げるトレーニングです。慣れてくればセット数を増やして舌に入れる力を増やしましょう。

 

舌回しトレーニング

  1. 口を閉じたまま、舌先を歯と唇の間に入れる
  2. 舌先を唇の間を強くなぞりながらゆっくりと右回りに1周させる
  3. 同じよう左回りする

 

舌上下トレーニング

  1. 唇から舌先を突き出し舌を鼻につけるように最大限真上に伸ばす
  2. 同じように舌を顎につけるように最大限真下に伸ばす

 

実践編

実践を想定したトレーニングです。回数を重ねる事でスタミナはもちろん、精度も鍛えられるので、徐々に回数を増やしていきましょう。

 

鏡トレーニング

舌は、手と違って細かい動きを普段から行っていないため、頭で思い浮かべている動きと実際に舌で行っている動きに差があることがあります。なので、鏡を見ての舌トレを行いましょう。

  1. 唇を舌先を唇からわずかだけ突き出す(強く突き出す必要はありません)
  2. 上下・左右・回転して動かす

 

指トレーニング

実際に舌を使うときは、圧力を加えながら動かす必要があるので、指を使って実践的なトレーニングをすることが効果的です。親指の第一関節まで曲げて人差し指で覆うように握り拳を作ることで「親指の第一関節部分」を身立てた模擬トレができます。

  1. 唇を親指にフィットさせて口内で舌を動かす
  2. 上下・左右・回転して動かす
  3. 右側、左側、人差し指と親指の関節の間と場所を変えて舌を動かす

 

女性にとって最高の刺激

この舌トレーニングでは、「舌のスピード」「舌の操作性」「舌のスタミナ」の向上が可能になるので、女性にとって最高の刺激を与えることができる舌を手に入れることができます。

 

最高の舌で「女性をいよいよ満足させることができる!」ってなるはずなのですが、いくらトレーニングで高性能の舌を身につけてもある2つのことに気をつけなければ全くの無駄となってしまいまいます。

 

一つ目が、刺激の強さです。いくら舌のパワーが上がっても圧力ただ強めればいいわけではなく、操作性も身についているので「弱→強」の刺激で女性に最適な刺激を定めていく意識が重要になるのです。

 

二つ目が男性の髭です。男性にとっては何気なく髭で触れるだけですが、女性にとっては、針を針をチクっと刺すような痛みで快感に集中できなくなってしまいます。有名女優「三上悠亜氏」は「ヒゲがアソコ周辺に当たるとかなり痛い!撮影でもヒゲの濃い男優さんで集中できなかったことがある」と発言しています。

 

クントレをしてテクニックを磨いても痛みを与えてしまえば、女性にとって台無しです。

 

「唇をフィットさせて口内で舌を動かす」ことで無駄な動きなくスマートな刺激ができるのですが、髭がどうしても当たってしまいやすいので、髭の処理はとても大切です。「髭」は生え始めのチクチクも硬く痛みが出やすいので、完全に剃る必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。