潮吹きと中イキの違い!中イキする運動法【図解】

まず始めに、ここでお話する潮吹きは、AV動画にあるような噴水するような潮吹きではなく、女性が比較的気持ちがいいと感じるとダラダラこぼれでる潮吹きのお話です。

女性は潮吹きはした事がありますか?セックスで潮吹きさせたことがある男性はいますか?

女性が潮吹きをすれば、男性は満足して「イカせた!」と勘違いをしてしまっている方がいますが、「潮吹き」=膣内でイク「中イキ」ではありません。

また、この潮吹き行為が女性の「中イキ」する感覚を邪魔してしまっている可能性があるのです。

 

これは女性のオナニーが原因となってしまっている、男性が潮吹きを目的とした行為を行ってしまってる場合があるのですが、膣内の刺激が「中イキ」の感覚よりも「潮吹き」の感覚が優先されてしまい、結果「中イキ」する為の感覚を潮吹きが邪魔してしまっている女性は多くいます。

確かに、女性の感覚として暴力的な潮吹きでなければ中に溜まってる物が排出されてスッキリとした感覚はあるのですが、中イキするような体全身からの気持ちがいい快感とは別物なのです。

 

中イキをすでに出来る状態から潮吹きを覚えたなら「中イキ」「潮吹き」の両方が出来る女性が多いのですが、中イキする前に潮吹きを覚えてしまい

  • 中イキより前に潮吹きが優先されてしまう
  • 潮吹きが中イキの感覚だと思ってしまう

このような場合には、潮吹きが中イキの感覚を妨げてしまい、中イキができない女性が多くいるのです。

 

確かに、Gスポット刺激によって快感を感じることでトロトロと自然と潮吹きしてしまうと気持ちがいい快感ですが、この快感は潮吹きの快感というよりはGスポット刺激の快感の尿意がスッキリとする快感がかけ合わさってる感じです。

 

どうして、潮吹きが中イキを邪魔してしまうのかというと、単純に体の筋肉の使い方が違うんですね。

 

「潮吹き」の感覚を「中イキ」に変える2つの提案

体の筋肉の使い方を意識する

個人差はありますが、

  • 潮吹きの体の使い方:体の筋肉を緩め、強く尿をだす感覚
  • 中イキの体の使い方:肛門をしめ下腹部に力が入って膣をしめる感覚

 

このように筋肉の使い方の意識を変えることで、潮吹きの感覚より中イキする感覚を掴みやすくなります。

もし「尿意が出そうな感覚」が快感を邪魔するようなら「一度出してしまい」その後に体の使い方に意識が集中できて、刺激を継続することで「中イキ」の感覚の方に到達することが出来る女性もいます。

 

ただ、「何かが出そう」な感覚の延長線上に「中イキ」があるわけではありませんよ。

 

膣トレをする

膣トレは女性が中イキする体の筋肉の使い方に繋がります。肛門と膣をギュッと締める習慣を行い、骨盤的筋を鍛えておくことで膣口が締まって尿道の周りの筋肉も引き締まるので、潮を吹きを抑え、中イキする体の使い方になります。膣トレグッズを使うのも効率的です。

 

中イキと筋肉の使い方が似ているケーゲル運動を行うことでも感覚がつかみやすいので、紹介します。

 

中イキの筋肉の使い方に近しいケーゲル運動

  1. 仰向けに寝た状態で足を肩幅に開き膝を立てる
  2. 息を口で吐きながらお尻の穴をキュッと締め内ももに力を入れて腰を上げる
  3. 肩・背骨・膝が一直線になる状態まで上げて3秒停止
  4. ゆっくり鼻で息を吸いながら下ろす
  5. 510回繰り返す

このトレーニングは、下腹部や内もも、お尻部分の筋肉を使うので、「体の筋肉の使い方を意識する」でお話ししたように、オーガズムを感じる時の筋肉の使い方が似ているので、中イキの感覚を掴みやすいんですね。

膣トレは、中イキの感覚を掴むだけでなく、

  • 自身の感度UP
  • 膣の引き締まりにより彼も気持ちがいい
  • 産後のゆるみ
  • 尿漏れなどのケア

にも効果がありますよ!

 

中イキと潮吹きどっちが気持ちがいいのか

潮吹きがよくないいようなお話をしましたが、潮吹きが気持ちがいい女性はいますし、スッキリとした爽快感は気持ちがいいですし、静かにトロトロと出てしまう潮吹きは幸せな感覚が強いです。セックスの目的は「中イキ」だけではありませんので「潮吹き」する感覚に満足してしているのならそれで良いと思います。

 

しかし、女性が中イキをしてみたい気持ちがあるのなら、女性は自身の感覚を見直し、男性も潮吹きをさせる事を目的とするのではなく、「中イキする」ルートに舵をとってはいかがでしょうか?そうすれば、「潮吹き」も「中イキ」両方楽しめるセックスができますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です