女性器・乳首が黒ずむ原因と自宅解決方法【イラスト解説】

男性のペニスって黒いと「黒光りペニス」と呼ばれる様に、経験豊富でポジティブな印象ですが、女性は黒いことでネガティブな印象の方が多いですよね。

女性がデリケートゾーンで悩むのも男性の間違った知識やAV動画などで綺麗な裸を見慣れている事で「女性はピンク」と勘違いを起こしてしまう事も一つの要因ですね。

 

「好きな彼女なら色なんて関係ない」と言ってくれる男性は多くいますが、色が黒ずむ事に「女性自身が気にしてしまっている」方も多くいますし、男性の中には「黒いよりは色が薄い方が良い」と本心では思っている方もいます。

ただ、生まれつきデリケートゾーンが黒ずんでいる人はいません。日常の中で習慣的に黒ずみの原因を作っているのです。洗い方を変える、身に着ける下着を変えるだけで黒ずみの原因を改善できるのです。また既にできた黒ずみも解消も可能なのです。

 

「男性」は知らない人がほとんどですが「女性」は知っていて欲しいことなので、今回、女性に知って欲しい黒ずみの原因と自宅でできる解消方法をお話します。

 

黒ずみができる原因

まず初めに言うと、体の関係を持った人数が多いかどうかは、デリケートゾーンが黒くなるかどうかは全く関係ありません。

 

デリケートゾーンで黒ずみになる最も多くの原因は「肌への刺激」になります。簡単に黒ずみになるメカニズムをお話すると、

  1. 肌への刺激が発生する
  2. 刺激から肌を守る為にメラニン色素が生成される
  3. 皮膚の生まれ変わりが不定期で生成されたメラニン色素が排泄されないまま次のメラニン色素が生成
  4.  メラニン色素が抜けなく沈着して黒ずみになる

 

皮膚に刺激がいく事でメラニン色素が生成されるのは、正常な肌の反応です。なので、2番までの反応は通常のサイクルなのです。しかし、皮膚が定期的に生まれ変わっていたら、生成されたメラニン色素は排出されるので、次に生成されたメラニン色素が生成が沈着することないんですね。

 

ただ、いくら正常なターンオーバーする肌だとしてもメラニン色素を過剰に次々発生させていたら生まれ変わりが追いつかないので普段からの注意は大切です。

 

デリケートゾーンが黒ずむ具体的な要因と対策

黒ずみができるまでのメカニズムは全て同じになります。では、具体的に日常の生活で何が原因になりうるのかお話します。

 

ホルモンバランスの乱れ

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は定期的に行われるのですが、食事、睡眠、ストレルなど日常生活による原因でホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーが不規則に行われてしまう場合があります。その場合には、ある程度気をつけていてもメラニン色素が排出されず黒ずみになってしまうので、日常生活の整いはベースとして重要です。

 

下着の種類

ショーツは直接肌に触れるので、締め付け具合や素材も大切です。これだけでもデリケートゾーンの黒ずみの原因の改善の一つになります。「締め付けが優しい」「肌に優しく通気性の良い素材(綿やシルク等)」の2つを兼ね備えた物を選びましょう。蒸れや摩擦による肌への刺激が軽減できます。

 

自己処理方法

デリケートゾーンでムダ毛を処理するときに、カミソリを使って処理をしてしまうと肌表面の角質ごと削るので、かなり肌を傷つけ肌に刺激を与えてしまっています。これはデリケートゾーン黒ずみの原因の大きな一つになります。

なので、VIO用の電気シェーバーを使いましょう。先端を入れ替えて顔やボディと兼用できる物もありますね。

 

洗い方

デリケートゾーンはゴシゴシと強く洗いすぎてしまうことによって肌に刺激を強く発生させることも黒ずみの一つの原因になります。入浴後に何気なく強い力で体を拭く行為も同様です。

デリケートゾーンを洗うときには、弱酸性で低刺激のソープで肌を包み込むように優しく洗ってあげましょう。身体を拭く時もゴシゴシ拭くのではなく、キュッと優しく押し付けてタオルに水分を吸い取ってもらうようにデリケートゾーンはふきましょう。

 

乾燥

肌の乾燥は、肌の生まれ変わりを不定期にしてしまう要因になります。その為、肌刺激によって発生するメラニン色素が沈着しやすくなります。そうなると、日常の刺激にもメラニン色素を排出できずに黒ずみになる原因の一つになってしまいます。

 

なので、デリケートゾーンに行える乾燥の為の肌ケアは大切になります。デリケートゾーン用の黒ずみの為のケアクリームでは、デリケートゾーンの保湿と黒ずみケアが同時に行えるのです。

 

これまでお話した、黒ずみの原因対策を行いつつ、デリケートゾーン用の黒ずみ対策クリームを使うことで、すでに出来てしまった黒ずみにも効果が期待出来ますよ。

デリケートゾーンに塗るもので国が効能効果を認めた「医薬部外品」である「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」があります。これは、保湿効果で肌乾燥、摩擦刺激からも肌を守ってくれますし、美肌成分が配合されているので、すでに黒ずみの状態のデリケートゾーンに使うことでも効果が出来て、手軽にケア出来ます。

お尻訴求

まとめ

黒ずみになる原因はなるべく早く知ることによって普段から意識した生活が出来ますし、すでに出来てしまった黒ずみもデリケートゾーンのケアクリームを使えば効果が感じられるので、日常の生活からデリケート部分は言葉通り、デリケートなので優しく扱ってあげましょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です