【オナ禁VS高頻度オナニー】どっちが人生でメリットが多いのか!?

オナ禁とは、オナニーを自らの意思で禁止をする事をいいます。実は、この「オナ禁」行為は、多くの男性の人生を豊かにしているのです。そして、高頻度にオナニーをする事も、人体的に大きなメリットがある素晴らしい行為なのです。では、どちらの方が人生において大きなメリットがあるのか、それぞれお話していきます。

 

高頻度オナニー(週5回以上)

オナニーで使う体力消費量は「100メートルを全力で走った時と同じ」「精子を1オンス(約30ml)失うと、40オンス(約1.2リットル)の血液を失うよりもダメージが大きい」と言われています。実際にも、精子には「タンパク質」「亜鉛」「アミノ酸」などなど50以上の大切な成分が含むため射精によって多くの成分が排出されているのです。

 

なので、高頻度すぎて翌日に支障をきたしてしまう程疲労が溜まってしまったり、やらなきゃいけない事を置き去りにして時間を無駄ばかりしてしまっている場合には、デメリットの方が大きいですが、高頻度にオナニーをする事は、様々な恩恵があるのも事実なのです。

 

高頻度にオナニーするメリット

ストレス解消

オナニーをする時には、様々なホルモンが分泌されます。その中で「セロトニン」「エンドルフィン」など幸福に感じるホルモンが分泌されるため、気持ちがいいと感じる事でストレス解消ができます。また、射精後は「プロラクチン」というホルモン分泌することによって、眠気を引き起こしてくれるので、幸せと脱力により、眠れない夜でも睡眠に誘う救世主ともなります。

 

質の良い精子

男性の体内での精子の生存期間はおよそ3日間なので、3日以上精液が体外にでなければ死滅精子(非運動精子)が増えてしまいます。古い精子は、新しい精子に悪影響があるので、精液全体の質を下げます。なので高頻度にオナニーをする事で、新しく元気のいい精子が次々と送り出され、元気な精子を保つことができます。

 

いつでも臨戦体制

高頻度にオナニーを行なっていれば、いざ決戦の時でもいつでも使うことができます。また高頻度で使っていれば、「よく使うところなんだ!」と体は覚えるので、ペニス機能も向上しやすいです。もし、使っていない状態が長ければ、本番の時に、早漏だったり上手く勃起できない可能性が高くなります。人間の体は使わない機能は衰退していくだけですからね。

 

免疫力がアップの期待

オナニー中は、血液内の白血球が増えるので、免疫力が上がります。 また、頻繁に射精することで前立腺ガンや性に関連する病気にかかる確率がひときわ低い様で、米調査で約3万人の調査によって、1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が19%低かったというので驚きです。

 

オナ禁のメリット

オナ禁のメリットをまず2つ上げるなら、オナニーの為の時間が1日の中で必要なくなるので「時間を有意義に使える」。3大欲求の1つの性欲を自らの意思で我慢をするので「精神力が鍛えられる」になります。ただ、それだけでなく人生をより豊かにしてくれるメリットがあるのです。

ただ、オナ禁の期間によって効果が違ってきます。科学的な根拠を元に話すなら、オナ禁の最大メリットの最適日数は7日間(短期的オナ禁)になります。ただ、現場レベルの話になりますが、オナ禁が期間が1ヶ月以上〜半年。長い人はそれ以上(長期的オナ禁)だと、信じられない程のメリットが待っているのです。

 

では、初めに7日間による短期的オナ禁のメリットからお話します。

 

短期的オナ禁のメリット

テストステロン恩恵を多く受けられる

中国の杭州大学で行われた実験で得られた「オナ禁とテストステロンの関係性を示したデータ」では、オナ禁により最大値にテストステロンが増加するのは7日目であり8日目からは減少していきます。

そのため1週間のオナ禁というのは最もテストステロンの恩恵を受けられる期間と言えます。「身体面」では、骨格や筋肉の成長促進。「精神面」では、やる気・向上心が溢れる、「性機能面」では、性欲が向上するのです。テストステロンは別名「社会性ホルモン」とも呼ばれ、テストステロンは社会で強く生き抜く上で無くてはならない存在なのです。なので、スポーツや勉強など目標のために勝ちたいのなら、1週間のオナ禁の効果が期待できます。

 

性機能が低下する恐れが少ない

これは長期的オナ禁と比較してになりますが、週一でのオナニーを行うため、性機能の低下の恐れは少ないです。1週間という区切りがあることで習慣化も行いやすいですし、オナニーを自分の中で、ご褒美とすることもできますね。

 

長期的オナ禁のメリット(1ヶ月〜)

長期的なオナ禁のメリットは科学的根拠がある話ではありませんが、実際に行った男性達による現場レベルの話では、全くの別人になるほど劇的な変化がある様です。もはや変化が凄すぎて、アニメ「ドラゴンボール」のスーパーサイヤ人のようになれるということから「スーパーサイヤ人効果」とまで呼ばれています。

 

幽霊や超能力などの様に科学的根拠はありませんが、体験した男性の声が物凄い多いので信憑性がまずまずあります。

 

では、実際にどの様な事になるのかといえば

  • 自信に溢れ行動力に溢れる
  • 人の気持ちが理解できる
  • 物事の本質がとらえられる
  • 思考が変わり別人になる
  • 人を見分ける能力開花
  • 3時間睡眠でも余裕になる
  • 顔がハンサムになる
  • 運が良くなる
  • 女性から急にモテだす
  • 何気ない日常の一つ一つに幸福感を感じるようになる

の様にすごい事になる様です。

 

日数を重ねていくに連れて「自分の思考が変わる」→「自分の外見が変わる」→「自分に対して周り変わる」の様に変化をしていっている男性が多いです。

 

しかも、長期的オナ禁効果を感じている人同士では、これらの事についてほどんど共感ができると言うのです。もはやスーパーサイヤ人化と言っても過言ではないくらいの変化があるんですね。

 

ただ、長期的オナ禁を実践した男性の中には「変化を感じられなかった」って方もいたので個人差はある様です。

 

【オナ禁VS高頻度オナニー】の結果

どっちの方がメリットが良いのかと言えば、人によってなのは間違いないです。オナニーを高頻度でしても体力的に問題がないのなら、日々の人生に幸せを感じられる高頻度オナニーは健康的にも最高です。オナ禁も1週間なら科学的な根拠もあるので、身体的にも精神的にも恩恵を受けられる可能性も高いですね。

 

「高頻度オナニー 」と「短期的オナ禁」は科学的な根拠があるメリットになりますが、多くの男性の声を聞いていても、本当にオナニーによって劇的に人生を変える事ができたのは「長期的なオナ禁」のみでした。

 

ここまでのメリットを聞かされたら科学的根拠があろうとなかろうと、チャレンジしてみたいものですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です