正常位で女性をイカせる4つの極みテクニック【図解・動画】

今回、セックス体位の中で、最も基本的で、最も重要な体位である「正常位」についての全貌をお話していきます。正常位が上手だと、男性も女性もセックスで怖いもの知らずになることができますが、正常位が下手だった場合、何をしてもあたふたしてしまい、男女ともにセックスで満足することができない程、めちゃくちゃ重要な体位になります。

この動画に出会えた貴方は、幸運です。ここでお話する正常位の全貌を知る事で、あなたのセックス偏差値はグンと上がることができて、自身に満ち溢れたセックスができるはずです!是非、一緒に学んでいきましょう!

 

正常位とは

正常位は、知っている方がほとんどだと思いますが、女性が下に横になり、男性が上から覆い被さり、向かい合う状態での挿入する体位を言います。

正常位は、女性、男性共に満足度が高く

  • セックス中互いの顔が見えて安心ができる
  • キスや抱き合う事ができるので密着感が高く愛撫しあえる
  • リラックスしやすい体勢なので女性の負担が少ない

と様々な素敵なポイントが詰まった体位です。

 

では、そんな素敵な正常位ですが、ただ単に正常位の状態で挿入してピストン運動するだけの行為では勿体ないです。なので、

  1. 基本的な正常位のやり方
  2. 正常位での4つの極上テクニック
  3. 気持ちがいい正常位の種類・バリエーション
  4. 正常位から始まるスムーズな体位移行法

をお伝えしてきます。

 

正常位の基本的なやり方

  1. 女性がペニスの受け入れ体勢を作るために、横になりM字に両足を開きましょう。
  2. 男性は女性の股の間に入りペニスを挿入しましょう。
  3. 挿入したら男性は女性に覆いかぶさるように両手を女性の両側に置いて密着をしましょう。それか、男性は女性の膝を両手で持って体を支えましょう。
  4. 体勢を安定させたらその状態で、ピストン運動をしましょう

正常位では、男性が優先的に動きやすい優位主体となりますので、男性側のテクニックが特に大切になります。挿入は必ず濡れている状態で、ゆっくり焦らず行いましょう。そして、挿入後は女性が馴染むまでピストンは動かない事が大切です。

正常位では、密着をしながらのセックスが可能になりますので、キスをしたり抱き合ったり、見つめ合ったりと互いに愛撫をしながら行為が行えます。男性主体の体位ですが、女性から男性の乳首や首を愛撫したり、男性のピストンに合わせて女性も腰を上下に少し動かすことで、より挿入感を強めることもできます。

正常位の4つの極上テクニック

性感帯の刺激を意識した角度をつける

正常位セックスで男性が適当に、腰を動かしていても、女性の性感帯となるポイントには中々、あてることが難しいです。なので、性感帯を刺激できる角度でのピストンがとても重要になります。基本的にはGスポット、ポルチオに刺激をすることで女性は快感を得やすいので、女性の膣に対して下の位置から突き上げることが必要になります。

女性の膣の位置は様々で、膣が肛門から遠い距離(4cm以上)にある上付き、膣が肛門より(4cm以内)の下付きと、名前が付いており、正常位の場合には上付き女性の方が挿入しやすいです。

上付きに合った場合には、女性の腰の下からペニスをつくようにする事でも、Gスポット性感帯に刺激しやすいですが、下付きの場合には、難しい場合もあるので、女性の膣位置によって、枕やクッションを女性の腰の下に置いて、女性の腰の高さを調節する事で、性感帯への刺激がとてもしやすくなります。上付きの場合にも、女性の腰の高さを枕・クッションなどで上げておく事で、性感帯へのピストンがしやすくなりますよ。

ただ、角度ばかりを意識し過ぎると、正常位の魅力の一つである密着しながらのセックスとは離れてしまうのは、難しいところですね。

 

クリトリスの同時刺激を行う

正常位でピストン運動する時に、女性によってはクリトリス性感帯も同時に刺激させることで、より快感を感じられる場合もあります。時に、膣内の性感帯が開発されていない女性には、効果的ですね。

 

クリトリス同時刺激方法としては、

  • 親指の付け根を押し当てるようにして広範囲に刺激
  • 2〜3本使って指先の腹で広範囲に刺激

の2つの方法がおすすめです。

クリトリス刺激の時に、特に気をつけないといけない事が2点。乾いた状態での摩擦は痛みを与えてしまうので、必ず、濡れた状態で行うこと。クリトリスの圧迫力が強すぎたら、痛みになってしまうので、力加減には神経を集中させて優しい刺激が大切になります。

 

ピストン運動を行いながら、クリトリスを触るのは、ポイントがズレやすいし、力加減が難しいのでなるべく広範囲での刺激がいいですね。

 

正常位に慣れてきたら、ペニスの付け根の恥骨部分でクリトリスを刺激することも可能になります。挿入状態で女性と密着して、腰を前後ではなく押し付けるように上下に動かして、チンコの付け根でクリをコスるような意識でピストン運動を行います。

クリトリスの圧迫力が強すぎたら、痛みになってしまうので、力加減がとても難しい刺激方法になります。

 

愛撫・密着・囁き言葉を行う

これは、男女共に使うことができるテクニックですが、正常位は、他の体位と比較しても見つめ合い、密着しながらのセックスが可能になります。なので、愛情をより伝えやすい体位になります。なので、せっかく正常位をしているのに何も喋らないで無言セックスし続けるのではなく、手を繋いだり、キスを含めた愛撫を行い、密着を行うようにしましょう。それに、ささやき言葉をかけてかけて上げることで、精神的にも満足しやすいですし性的な興奮材料にもなります。

言葉かけも難しく考えず「愛情表現」「褒め言葉」でいいんです。例えば、お互いに「愛してる」「大好き」「可愛い」「カッコいい」でもいいですし、女性が男性に言うなら、「大きい」「すごく硬い」などペニス感について褒めても男性は嬉しくなっちゃいますよ。

正常位には「愛撫」「密着」「囁き」をプラスすることは特に効果的ですよ。

 

足をうまく操作して男性の満足感を高める

このテクニックは女性側のやり方になります。基本的に正常位では、女性の足は軽く上げた状態だったり、地面に付けた状態で、男性がピストン運動を行います。この体勢では、女性の太ももが男性のピストン運動を邪魔して、奥まで挿入することが難しくなります。なので、男性のピストンを動かしやすくする為に、女性は自分の両足を持って股関節を広げ、足を大きく開いた体勢を作りましょう。

 

この行為により、男性はピストンがしやすく、ペニスの挿入感も高まり気持ちがいいセックスができます。

 

そして、もう一つ女性から男性にセックスの積極性だったり、愛情をより伝える方法として、女性は男性の腰に足を絡めて固定することが有効です。いわゆる「だいしゅきホールド」になります。

男性のピストン中にガッチリと固定してしまうと、男性は動きにくくなってしまうので、男性がイキそうになり、フィニッシュを迎えそうな時に、女性は足を操作して「だいしゅきホールド」を行い、密着感を強めることで、男性は満足感や愛情を感じられやすくなります。

 

気持ちがいい正常位の種類・バリエーション

正常位にも、複数の種類の体位があります。ただ、実際には使えなかったり、実践的では無い体位もありますので、男女共に気持ちがいい正常位のバリエーションを話します。

 

しがらみ

「しがらみ」は、女性が下になり膝を曲げることなく伸ばし、男性が上から覆い女性の両足をまたがり挿入します。女性の方は体の負担が少ないです。そして、脚を広げない為、男性にとって挿入時の締め付けが強いので、気持ちが良い体位となります。体同士の密着度が高い為、心から満たされ、安心感を得られる為、女性にとっても人気の体位ですね。

 

深山(みやま)

深山は、女性が仰向けになり、男性が女性の両足を束ねて持ち上げて挿入する体位になります。女性の足を上にどかしてしまう為、太ももが邪魔することが無いので、深い挿入をすることが出来ます。また、女性の足が閉じている為、膣口が絞められるので刺激も高くピストン運動もやり易いので、男性にとって正常位の中でもかなり気持ちが良い体位です。

 

松葉崩し

松葉崩しは、女性がうつぶせになり、片足を持ち上げ、男性と女性の足を交差させて挿入します。太ももの弊害が無くなりますので、深い挿入をすることが出来ます。女性にとっては、膣内の奥刺激が可能になり、男性はペニス刺激が強くなるので、男性は気持ちがいい事がほとんどですが、女性によっては痛みになってしまう事もあるので、ペニスサイズや女性によって使い分ける事が重要な体位になります。

 

正常位から始まる2つのスムーズな体位移行パターン法

セックスで正常位で始まりそのままフィニッシュで終わるセックスでも十分満足する事ができますが、「他の体位も行いたい」「マンネリ化を防ぎたい」「体勢が同じで疲れてしまった」て場合もありますよね。

 

そこで、「次は騎乗位にしよう」「次はバック(後背位)にしよう」と思い、ペニスを一旦抜いて、体勢を整えてから再度挿入するのでは、セックスに一つの間が生まれてしまいます。この間がガンで、間が長ければ長いほど、互いの気持ちの熱量を下げてしまう可能性が出てきてしまいます。

セックスが上手な人は、こういった「間」を作らずに、スムーズな流れでセックス体位を移行する事ができて、気持ちの熱量が冷めてしまう可能性をできる限り少なくしてセックスを継続して行う事ができます。

 

この間を無くす体位移行方法として、「ペニスを抜く事なくスムーズに体位移動をする事」です。では、正常位から挿入したままでも「対面座位」「騎乗位」「バック」にスムーズに体位変更する2つのパターンをお話していきます。

 

パターン1:正常位→対面座位→騎乗位

正常位から騎乗位に移行したいと思ったら、はじめ対面座位に移動してから、騎乗位に移行した方がスムーズに体位移動が可能です。対面座位に移行する為には、正常位カラダを起こす時に、女性の背中を抱きしめた状態で起こすか、男性がカラダ起こした状態から女性の手を取って起き上がらせる方法がいいですね。

 

そして、男性が両脚を前に出して、女性が男性の上にまたがって座る事で、ペニスを抜く事なく「対面座位」の体位に移行できます。対面座位での行為を行い騎乗位に移動するには、簡単で、そのまま男性が後ろに倒れ仰向けの状態になる事で、騎乗位になりますね。

 

パターン2:正常位→松葉崩し→バック(後背位)

正常位からバックに移行しようと思ったら、松葉崩しを挟む事でスムーズな体位移動が可能になります。女性の片足を持ち上げて、足を交差させる事で松葉崩しに移行できます。ただ、女性の足を高く持ち上げる事が難しければ、女性が横向きになる事で、男性が横向きの女性を挟む形での松葉崩しになるので、女性に負担が掛かりにくいのでおすすめです。

 

では、「松葉崩し」から「バック」に移行するには、男性は、持ち上げている片脚を下ろして、女性は体勢をうつ状態に体勢を変えながら、膝をついて四つん這い状態になる事で、バック(後背位)の体勢が出来上がります。

 

正常位からバック(後背位)の体勢になる為に、一度ペニスを抜く男性もいますが、間を作らない為にも、ペニスを入れっぱなしでの体位移動を実践してみてください。正常位を中心にどの体位にもスムーズに移動できるので、正常位のマスターこそ体位テクニックでは最も大切なので、正常位スキルを身につけていきましょう!

 

正常位で女性をイカせる4つの極みテクニックの動画

 

まとめ

今回、正常位について特化してお話をしてきました。後半では、スキルなどテクニックなどの話が多くなってしまいましたが、いき過ぎたテクニックとかよりも「互いに思いやり、愛する気持ち」が何よりも大切なのは事実です。

 

なので、思いやりがあってこそ、ここでお話したテクニックは本領発揮する事ができるので、それらを忘れずに、正常位を極めて下さいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です