最深挿入できるセックス体位の松葉崩し!中イキさせるテクニック4選

松葉崩しとは、正常位のバリエーションの一種であり、男女の足が交差して挿入する体位を言います。他の体位よりも男性のペニスを女性に深く挿入することが出来る事からも、「深い挿入を求める女性」や「男性のペニスが短めでも女性に大きな快感を与えることが出来る」体位なのです。そして、女性が中イキ(奥イキ)しやすい素晴らしい体位になります。

ただ、松葉崩は男性主体の体位なので、男性のテクニックに委ねられるのですが、男性のやり方が間違ってしまい、女性に快感どころか痛みを与えてしまう男性も多くいます。「松葉崩し」の図解を見ただけて、本質を理解しないで実践しようとすると、どうしても失敗しやすいです。

なので、この動画では、松葉崩しで女性に大きな快感を与える為のテクニック法を図解で、お話してきます。では、まずは松葉崩しの基本的なやり方からお話します。

 

松葉崩しの基本的なやり方

  1. 女性が仰向けに横たわり、男性が女性の足の間に入り挿入をします。通常の正常位の体勢です。
  2. 挿入した状態で、女性の片足を上げて腰から横向きにひねり、上げていない方の女性の脚に男性がまたがります。
  3. 女性のあげている足を男性がズレ無いように腕や肩で支えましょう。
  4. 支えてる足を抱えて引きつける様にピストン運動を行いましょう。

 

足を交差した状態で、最初から「松葉崩し」の体勢での挿入も可能ですが、正常位の体勢から身体を横向きにひねり、片足を上げるという動作から慣れていくことでセックスでの流れを断ち切ることなく体位移行も出来るので、まず始めの方では、正常位の状態から移行していく事がおすすめです。

 

また、松葉崩しで女性の片足を上げる高さ・場所によって、挿入の深さが変わります。また、女性は足の開く大きさによって体の負担も変わってきます。

なので、

  • 深くの挿入・女性の負担が大きい→肩に女性の片足を持ってくる
  • 浅めの挿入・女性の負担が少ない→腰・太ももくらいに女性の片足を持ってくる

と目的によって使い分けた方がいいですね。

 

「松葉崩し」で中イキさせるテクニック法4選

松葉崩しって深く挿入ができたり、中イキしやすかったり、男性のペニスの長さを補ったりと、メリットが多くあるのですが、実は下手な男性が使ってしまうと、女性は気持ちがいいどころか痛みしかない、ただただ疲れてしまうだけ、の様な状態になってしまうので、とても難しいのです。なので、中イキの為のテクニック方法として、「松葉崩し」の注意点も含めながら説明していきます。

 

ポルチオを揺さぶるピストン運動

松葉崩しは、男女のお腹がくっつかないですし、足も上げているため太ももが邪魔をする事なく深く挿入しやすい体位です。なので、女性の性感帯で膣奥にある「ポルチオ」部分まで、ペニス刺激がしやすい体位になります。その為、ポルチオ部分をペニスで刺激して快感を与える事で中イキさせやすいんですね。

しかし、男性の勘違いとしてピストンが速かったり、強かったりするピストンが女性はイキやすいと思っている方が多くいます。しかし、ポルチオ部分に激しく強いピストンは必要ないのです。抜き差しが大きいとピストンする場所も定まりませんし、ポルチオ部分に強く当たると痛みになってしまいます。

更に、ポルチオ部分に真正面からペニスがぶつかると女性にとって結構の痛みを感じることになります。なので、ゆっくりと挿入してポルチオ側面にペニスの位置が当たる様に角度を定める様に探す必要があります。

そして、位置を定めたら、ペニスをグッグっと押し付ける様に動かすことです。イメージとして、恥骨と恥骨をこすり合わせるように動くと位置も定まり安定します。

このピストンだと「パンパン」と派手な音も出ないですし、激しい動きでもないで、男性にとってはペニス刺激が少ない動作にはなります。しかし、ポルチオで女性を中イキをさせるには刺す様な刺激ではなく、ポルチオが揺れる様な刺激のイメージで動かすと女性は、オーガズムに達しやすいのです。

 

クリトリスの同時刺激を行う

松葉崩しでは、恥骨をすり合わせる様に動かす事で、クリトリス刺激を行う事ができます。それか、空いている手でクリトリスの同時刺激もやりやすい体位になります。ポルチオ刺激では、女性の性感帯の開発ができておらず、女性によっては快感をあまり感じない場合もあります。むしろ、ポルチオ性感帯の場合、多くの女性が未開発である場合が多いです。

 

その場合には、クリトリスへの同時刺激を行なってあげる事で、「ポルチオが気持ちがいいんだ」と脳が錯覚する事によって、中の開発にもつながります。また、ポルチオ刺激と外との同時刺激によって中イキしやすい女性もいます。女性が中の挿入刺激だけで、感じにくい様でしたら、外刺激としてクリトリスへの刺激も同時に行なってあげましょう。

中イキしやすい体のポジション作成

松葉崩しでは、深く挿入が可能で、ポルチオ刺激がしやすいので中イキしやすい体位です。しかし、女性によって松葉崩しの体勢が、イキにくい場合もあります。松葉崩しでは、上げている片足の膝を開き、浮いている様な状態によって、体の筋肉の力みが上手く使えないので、オーガズムの時の体の使い方が分からず、イキにくくなってしまう女性もいるのです。

 

そんな場合には、片足を前に出して膝を曲げてストレッチされた状態で固定をしたり、膝を曲げて男性の太ももの上に曲げた状態で固定をする事によって、イク時の体の筋肉の力みが上手く使える場合があります。また、イキやすい体勢として、足ピンの体勢を作る為に、男性が上げている方の足首を持ちピンと半強制で伸ばしてあげる事によって、イキやすい体勢を作ることもできます。

ここは男性だけに全て委ねるのではなく、女性側も自身がイキやすい体勢を見つけて、作り出す為に、上げている足の状態をどうすればいいのか、色々と探ってみる事が大切ですね。

 

女性に痛みを与えないで負担を軽減させる

松葉崩しでは、女性に負担を掛けやすいですし、痛みを与えてしまいやすい体位でもあります。せっかく気持ちよかったとしても、痛みを与えてしまえば、快感は一気に引いて台無しですし、体に大きな負担がかかった状態では、とても快感を感じる状態にはなれません。なので、松葉崩しで痛みを与えない、体の負担を軽減する方法を最後のテクニックとして、お話します。

 

松葉崩しでは、男性が女性の片足を支えてあげる必要がありますが、この足をしっかりと固定して上げなければ、女性側は体勢が不安定になり、疲労感が強くなります。それに、男性がしっかりと足を抱えてあげる事で、ピストン運動をする時にも、足を引きつける事で押す力と逆のベクトルの力を加える事ができる為、無駄な力を使わないで、細かなピストンが可能になります。なので、女性の負担軽減、男性のピストン運動をスムーズに行う為にも、女性の片足を支えをしっかりと行いましょう。

 

そして、松葉崩しの場合には、女性の片足を広げますが、女性によっては股関節が固く、広げ過ぎると痛みを感じてしまう方もいるので、無理に開こうとはしないで、女性がスムーズに動く範囲内での可動で行いましょう。

最後に、松葉崩しでは、いつもよりも深く挿入ができてしまう為、深く挿入しすぎて、女性にとって痛みになってしまう場合もあります。まして、ペニスが大きめの男性がこれを行うと、普段感じる事がない程深い挿入になり、気持ちいい感覚とはかけ離れて痛みになってしまう場合もあるのです。勘違いしている男性もいますが、女性は深くつけば、気持ちよくイキやすい訳では全く無いのです。

 

なので、男性は、いきなり奥まで突いたり、勢いよく動かす事なく、男性はゆっくりと挿入をして、女性の反応をみながら、自身のペニスが挿入できる範囲を定めつつ、少しずつ慣れていくように、動かしていきましょう。

 

松葉崩しのアレンジ体位2選【48手】

松葉崩しがアレンジされた体位を3つ紹介していきます。48手の一つになります。

立ち松葉

立ち松葉は、松葉崩しが立った状態になった体位になります。男性は女性の脚を開いて股を交差するようにまたぎ、女性の両足を支えて、挿入します。女性は逆立ち状態になるので、頭に血が上りますし、体の負担はとても大きいです。男性の挿入ピストン運動は、腰を振るよりも、屈伸動作によってピストンを繰り返す動きになります。松葉崩しのバリエーションとして紹介しましたが、正直、実際に使うには不便過ぎる体位ですね。

宝船

宝船とは、松葉崩しの位置が男女逆になった体位を言います。女性の片足を伸ばして男性の片足を挟みこむような形で挿入をするので、太ももや腹の肉が邪魔しないで深く挿入が出来ます。女性が自身の挿入の深さを調節できる事、自身の強さでクリトリスを恥骨に擦り付ける事ができるので、女性主体で快感を得る事ができる体位になります。

 

まとめ

松葉崩しは「女性が中イキしやすい」「男性のペニスが短めでも補える」体位とメリットがある反面、女性に痛みや疲労感を与えてしまいやすい体位でもあるのです。どうする事によって中イキをさせる事ができるのか本質を理解した上で、ピストンを行う事で、気持ちがいい松葉崩しが出来ます。因みに、「なんだか最近太ってきて、エッチの時にお肉が邪魔してくるな」方でも、松葉崩しなら、お腹の肉や太ももの肉が邪魔をしないで、しっかりと挿入が出来ますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です