「男性vs女性」のセックスの価値観の大きな違い【図解】

異性との性行為について、価値観のズレを感じたことはありませんか?セックスの価値観について男女の違いを理解していれば、二人の関係性を上手くいっていたかも知れないけどれ、全く理解できないが為に、大きなトラブルに発展してしまうなんて事はあります。

なので、ここでは男性は女性の事、女性は男性の事を理解して「異性」のセックスに対する価値観、考え方の傾向を理解できるポイントを4つお話していきますので、お互いに歩み寄ることで、異性との関係性をより良いものにできますよ!

 

セックス対しての積極性の違い

男:積極的な姿勢

男性にとって性行為とは、快感を味わうことができる感覚を持っている男性が多い為、積極的な姿勢になりやすいです。女性が「可愛い」「綺麗」だからセックスをできる男性が多くいるのも事実です。

 

セックスする行為に、肉体的なリスクは女性と比べるとかなり少ないですし、女性よりも慎重にならなくても、快楽を優先して行為を行えてしまうんですね。

 

なので、「彼女がいるのにエッチをしてしまった」ケースも男性の方が、数でいえば、圧倒的に多く、軽い気持ちでセックスをしてしまう男性がいるんですね。

女:慎重な姿勢

女性にとっての性行為とは、好きな人と心から繋がる行為のような感覚なので、慎重な姿勢になりやすいです。男性が「かっこいい」「エッチが上手い」からセックスしてもいいわけではありません。

 

セックスでは、男性よりも女性の方が身体に負担をかけてしまうケースがほとんどですし、ましては妊娠してしまう事からも、誰彼かまわずセックスをしていきたい女性はかなり少ないです。

 

なので「好きな男性」としかエッチはしない女性が多いのも、自衛の為にも最もな考えと言えますね。

 

セックスを重ねる相手

男:複数の女性とセックスをしたい

男性は、一人の女性のみとエッチを重ねていく事よりも、複数の女性とのエッチを楽しみたい男性が多くいます。本能としても複数の女性に遺伝子を残した方が生物として有利と考えられることからも、セックス相手は色々な女性を望むんですね。

 

「100人斬り達成」のように女性と多くセックスしたことを自慢気に話す男性もいますが、男性にとってステータスに聞こえるかもしれませんが、女性にとっては「だからなに?」て感じてしまいますね。

 

女:一人の男性とセックスをしたい

女性は、色々な男性とエッチをしたいと思うよりも、一人の男性との愛を育み、愛情を感じたいと思います。それに、本能としても安全な環境化で命を授かる目的からも、一人の男性を決めてセックスを重ねるんですね。

 

セックスの目的

男:最終目的(ゴール)

男性にとっては、セックス自体その女性との関係性うんぬんよりも、最終的な目的である場合が多いです。男性の思考としては可愛い子を見つけたとしたら「あの子とデートして付き合えたらな」と思うよりも「あの子とエッチしたいな」なんですね。

 

しかし、エッチ目的の為にも、それを達成する為に「連絡先を交換する」→「デートを行う」→「付き合う」→「エッチをする」を地道に頑張るんですね。

 

女:判断材料(プロセス)

女性にとって、セックスは「その男性をより知るための判断材料」になります。思考としても好きな男性がいたら「彼のペニスで突かれたいな」みたいな直接的な思考ではなく「彼はどんな人なのかが知りたいな」の方が強いんです。

 

なので「エッチをする」→「彼との今後を判断する」とセックスはあくまでも将来を占う為の、行為の一つなんです。ただ、女性の中には男性の多くがセックス目的だということが分かっているので「身体が目的なのか」を慎重に判断してます。

 

セックスの喜び

男:快楽至上

男性は、セックスではとにかく「快楽」など肉体的に気持ちがいい事を重要視します。なので、男性はセックス行為で女性を快感で喜ばせる為に、色々なテクニックを披露します。

 

男性にとって「女性をセックスで満足させた=女性をイカせた」になります。だからこそ女性に対してイカせたかどうかこそが、とても気になり、イッて欲しいプレッシャーを女性にかけてしまい、結果、女性が「イクふり」を行うケースが多いんですね。

 

女:愛情至上

女性は、セックスでは男性をより知る為に行いますし、コミュニケーションをとても大切にします。そして「セックスで満足する=愛情を多く感じる」である女性が多いです。

 

もちろん、セックスのなかで、女性がイクことが出来れば、それはとても良いことですが、そればかりに意識するセックスを行うよりも、愛情の交換をとても大切にしています。

 

まとめ

男女感の価値観の違いの傾向をお話してきましたが、もちろん、セフレを作る事に積極な女性もいますし、傾向とはかけ離れた価値観を持っている方もいます。

 

なので、絶対ではないですが、一般的な傾向として覚えておくことで、男女間の事で、納得しがたいことでも、理解はできて、トラブルを減らすことができますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です