上付き・下付きマンコに最高のセックス体位【図解・動画】

上付きと下付きとは、女性器の位置についての言い方です。この上付き・下付きを意識することによって、より女性にとって気持ちいいセックスを楽しむことが出来るんですよ。

 

動画はこちら(記事は下に続きます)

そもそも「上付き」「下付き」って何?

ざっくり言うと、お腹側に近い位置にある膣が「上付き」、お尻側に近い位置にある膣が「下付き」です。

だいたいの定義としては、

上付き…アナルから膣まで4cm以上
下付き…アナルから膣まで4cm以内

医学的に、きっちり決まっているわけではありませんが、だいたいこのように上付きと下付きを分けることが出来ます。もちろん、どっちかでは無く真ん中あたりに膣がある女性もいます。

 

女性器が上付き・下付きを確認しよう

女性器の上付き・下付きを確認するには、女性に仰向けに寝てもらって足を少し広げるポーズが良いでしょう。

ですが、「上付きか下付きか知りたいから、そこに寝て足ひらいて!」なんてメジャーや定規を持ち出されてしまってはムードも何もありませんし、女性を怒らせてしまいかねません。

上付き・下付きをできるだけスマートに知るために、慣れてしまえば、目視でも大体把握出来ますが、最初の方は、自分の指で4cm部分を計測して愛撫の時に、こっそり指を当ててみる事がいいですね。

 

上付き・下付きに向いているセックス体位

女性器のつき方は、個人差が大きいものですから、それに合わせて体位を工夫する必要が出てくるのです。特に、偏りが顕著なほど、それぞれに適した体位が出てきますね。そこで、上付き・下付きそれぞれに向いている体位を紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

上付きに向いている体位

「正常位」

女性が仰向けになった時に、膣が少し上を向く形になります。ですから、ペニスの挿入も根元までしやすく、男性のペニスの反り方に多少影響されますが比較的膣内の多くの面積に触れるように挿入が出来ます。

「対面座位」

挿入角度について言えばおおむね正常位が起き上がった状態であると言えるこの対面座位も、上付き女性に向いています。密着度が高いですから、精神的な充足をセックスに求める女性もうれしい体位です。

「騎乗位」

基本的に男性と女性が向かい合う形になる体位は上付きに向いていますから、騎乗位もおすすめですね。

 

下付きに向いている体位

「バック」「寝バック」

男性と女性の身長差によっても多少やりにくさは、変わってきますが、下付きの女性にとって、ペニスが挿入しやすく、届きやすいのがバックスタイルです。女性が四つん這いになったときに、アナル寄りの位置に膣口があるわけですから、挿入もしやすい体位です。

「背面騎乗位」

バックからの派生体位ですが、基本的には女性優位の体位になりますね。

 

上付き・下付きに合わない体位でも工夫次第でできる

上付き・下付きに関しては、知ることによってその女性に合った体位を選ぶことが出来ますし、膣位置が合わない体位の場合でも、工夫する動き方も分かるので、性交痛を減らして、気持ちがいいセックスが出来ます。

例えば、上付き膣の女性に、知識無く適当にバックをしたとしたら、なかなか上手く挿入出来なかったり、上手くピストンが出来ないと感じるかと思います。しかし、上付きだと分かっていれば、女性の腰を持ち上げて、男性は少し斜め上に向けて挿入、ピストン運動することで、動きやすく膣内に上手く挿入する事が出来ます。

他、下向き女性でも正常位がしたい場合には、正常位で女性のお尻の下に枕やクッションを敷いて腰を高くし、膣を上向きにすることによって挿入がしやすく、ピストン運動も行いやすくなります。

このように、その女性が「上付き」か「下付き」なのか、ある程度でもいいので把握しておけば、向いている体位、挿入し難い原因なども、分かりますので、挿入する前に把握できれば、よりお互いに気持ちがいいエッチが出来ますよ!

 

まとめ

上付き・下付きとは

  • お腹側に近い位置にある膣が「上付き(アナルから膣まで4cm以上)」
  • お尻側に近い位置にある膣が「下付き(アナルから膣まで4cm以内)」

それぞれ適した体位

  • 上付きに合う体位:正常位、騎乗位、対面座位
  • 下付きに合う体位:バック、背面騎乗位

真ん中あたりに膣がある女性の場合には、どんな体位もそんなやりにくさを感じることは無いかもしれませんが、「上付き」「下付き」の特徴が顕著の場合、どちらなのかを把握しておくとセックスがやりやすいですよ!

上付き、下付きなどの膣位置は、年齢によって変化もしますし、骨盤などの普段姿勢からも変わってきますので、必ずしもずっと同じ膣位置では無い事も覚えておければいいですね。

相手が上付きの女性でも下付きの女性でもしっかり喜ばせてあげることが出来るように、あなたとその女性にピッタリの体位で、セックスを楽しんでくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です