手マン・挿入でGスポットで中イキさせる方法【図解・動画】

今回は、Gスポットの刺激で女性を中イキさせる方法をお話していきます。クリトリスではイケる、イカせた事があるって方も膣内の刺激で中イキは出来ない方は多くいます。

ここでは、女性が中でイク為の方法をしっかりと手マンとセックス毎に分かり易くお伝えしていきますね。男性でもし女性のことを中いきさせたことが無いのでしたら、この機会に女性をイカせる方法をマスターしちゃいましょう。

 

動画はこちらから(記事は下に続きます)

中イキしやすい「Gスポット」について

女性を中いきさせるなら、膣内性感帯は複数ありますが、Gスポット刺激を行うことがおすすめです。Gスポットは女性器の膣内にある性感帯で、Gスポット刺激を行うことで女性は中イキすることができます。

Gスポットの位置

Gスポットの位置を探すには、女性が仰向けの状態でM字開脚し、指を第二関節まで入れ曲げる。その付近がGスポットです。

一般的にはザラザラした膣壁、で膣口から3~5cmの部分にあると言われ、すぐに見つかる場合もありますが、女性器には個人差がありますので、これだけにあまり固執しすぎないでくださいね。

Gスポットの刺激方法

では、どのようにGスポットに刺激を行えばいいのかと言えば、手マンで行うならば、Gスポットに向けて指を圧迫して刺激を繰り返して行う方法がいいですね。

AVのように高速手マンだったり、激しく抜き刺すような手マンは女性が痛い場合がほとんどなのでおすすめできません!

挿入して、Gスポットで中いきさせるなら、「寝バック」、「腰上げ正常位」などはおすすめですね。

腰上げ正常位とは、通常の正常位(上記画像)と違い、女性の腰の下に枕などを入れてあげたり、男性が女性の腰をくいっと下から持ち上げて腰上げてペニスで刺激していく正常位になります。

腰の位置が持ち上がることで、挿入するペニスの位置がGスポットを攻めやすくなります。

Gスポット刺激でイカせる方法【オーガズム】

では、Gスポットとなる場所を見つけたらどのような刺激がイクことができるのかと言えば、「ペニス」「指」同様の意識で刺激を与えていくのですが、この時、Gスポットでイカせる為に、物凄い速いピストン運動や手マンを短時間行っても、中々女性はイク事が出来ません(男性側が出来てもね・・・)。

そうではなく、ピストン運動や手マンの速度は、一定で継続的に刺激を行う方が女性がオーガズムを迎えやすいです。つまり中イキをしやすくなります。

また、もし女性が「イキそう」だからと言って、急に遅くしたり、速くしたりする事でイク感覚が脳内でコントロールが出来なくなてってしまうので、「一定規則・継続」を心がけて手マン、ピストン運動を行いましょう。

女性をイカせるピストン運動のコツ

手マンよりも挿入の方が、刺激を与えることが難しいのですが、ピストン運動にもコツがあります。

男性はピストン運動をしていて、ストロークが大きい方が刺激がありますし快感を得やすいです。それに女性がその方が気持ちいいだろうと勘違いを起こしている男性が多くいます。

ですが、個人差はあれど、実際に女性が気持ちいいと感じるピストン運動は基本的にストロークが大きく、強く打ちつけるようなピストン運動ではありません。

実際には、ペニスを押し付けるように少ない伸縮で十分に女性に刺激を与える事が出来ますし、女性にとっては長いストロークよりも短いストロークで、速いテンポで小刻みに腰を動かしたほうが、Gスポットや他の性感帯が刺激されやすく、イキやすくて気持ちがいいですね

手マンでも、挿入する場合でも、もし、これらの刺激でイケなくても、性感帯の開発具合は刺激を与える事で、進んでいくので、後は刺激の繰り返しの継続が大切になりますね。

個人差はありますが、この方法ですぐにイケる女性も入れば、開発期間を得ていける女性もいますので、必ずいけるようにはなります。

もし、数回行っても全然気持ちよく感じられない場合には、Gスポットの刺激と同時にクリトリスも同時に刺激を与えることで、開発されやすい女性もいますので、色々と試してみてください。

男性がイカせることを強要して、女性にプレッシャーを与えてしまえば、感じにくくなってしまうので、男性女性側も、焦りは禁物でので、開発期間も含め楽しむようにしましょう!

 

まとめ

  • Gスポットは基本的にザラザラした膣壁で膣口から3~5cmの部分にある
  • 手マンは激しく抜き差しするのではなく膣内の圧迫刺激を行う
  • Gスポット刺激体位は「寝バック」「腰上げ正常位」等おすすめ
  • ピストン運動は短いストロークで、速いテンポで小刻みに腰を動かす
  • 開発は焦らず楽しみながら繰り返し行う

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です