童貞がセックスで女性を感動させる8の方法【図解・漫画】

みなさんは彼女いますか?

 

彼女との初体験はしましたか?

 

男性が初めてのエッチをする時は、不安でいっぱいですよね。相手の女性が処女だとしたら、特に男性は「リードをしなきゃ」とプレッシャーを感じてしまいますし、経験ある女性に対しては「下手って思われないか」と不安に感じてしまうことかと思います。

なので、この動画では、未経験、童貞、またはかなり経験が浅い人に限定して、テクニックがなくても女性を満足させる事が出来る、大事なポイントをお話していきます。

 

中途半端なテクニックで勝負するよりも、初めてでも出来る献身的なエッチな行為で勝負する事で、女性から「凄く素敵なエッチだった」と思ってもらえるので、もし初めてって方でも安心してくださいね!

セックスの最初から最後までの基本的な流れ

セックスは、人によってなので決まった流れはありませんが、男性が作る、基本的な流れはありますので、まずはオーソドックスな流れを覚えておきましょう。

 

エッチの流れとして、まずは「ムード作り」から始まり、「キス」をしましょう。それから「女性の服を脱がして」から「前戯」を行いましょう。そしてお互いの準備が整ったら「挿入」をするといった流れですね。

 

ただ、細かなテクニックを行うことは、どうしても初めてだと難しいのですが、それでも女性が満足して感動してもらう事ができる方法が、

  1. 女性に痛みを与えない
  2. 愛情を伝えるエッチ

この2つになります。

 

まず、痛みは全てを台無しにしてしまいます。せっかくの献身的な行為も痛みを与えてしまったら全て吹っ飛んでしまいます。

また、女性は、男性と違いセックスに肉体的な快楽よりも精神的な喜びの方が重要視するので、愛情を伝えるエッチができればとても満足するものになるんですね。

 

では、これら挿入に至るまでの手順としてより具体的にどうすればいいのかをお話していきます。

 

セックスの最初から最後までの具体的な手順

STEP1:エッチの前の最低限な準備

初エッチ前の準備は必ず行いましょう。この準備段階で、そのセックスが失敗するかどうかが分かるので、とてもとても大切です。

 

では、大切な準備としては、「コンドーム」「潤滑剤(ローション)」「ブレスケア」「爪を切る」「髭を剃る」「ウェットティッシュ」です。これがあれば、失敗のリスクをかなり減らせます。

コンドームは、必ずと言って持っておく必要があります。潤滑剤は、もし女性があまり濡れていなくても、痛みを感じさせにくく挿入が可能になります。

 

「ブレスケア」「爪を切る」「髭を剃る」「ウェットティッシュ」は、エチケットとしてとても大切ですね。

 

STEP2:安心できるエッチなムード作り

「安心できるムードって具体的に何?」て思うかもしれませんが、いきなりキスをしたら相手の女性は驚いて、怖い気持ちの方が強かったり、エッチな気持ちに入り込めません。なので、必ず安心できるムード作りを行いましょう。

 

具体的には、最初は、とにかく体を触れ合うようにスキンシップを行い、イチャイチャする事が大切ですね。

ポイントは、いきなりエッチなムードにしようと思わないで、会話を楽しみながらスキンシップをとっていきましょう。肌と肌のふれあいが多ければ、それだけでも安心感に繋がりますし、ギュッとハグをしてあげる事で、心からの安心感を与えるようにしましょう。

安心感がなければ、エッチな気持ちにもなりにくいので、安心感をベースにエッチな行為を行っていきましょう。

 

STEP3:長めのキス

エッチな雰囲気とともに、安心感を与える事ができたなら、キスを行いましょう。最初のキスは優しいフレンチキスを数回行い、そのあとに、唇同士の絡みを強くしていき、舌を入れるようにしましょう。

 

ポイントは、軽いキスから深いキスに徐々に移行していく事です。

 

そして、経験が無いと興奮してしまい、すぐに女性の体を貪りたい気持ちになっても、グッと我慢をしてキスの時間をより多く取ろうとしてください。

 

ここからは、「シャワーを浴びる?」ように、女性に聞いてみてその時の状況に合わせて、シャワーをするか、そのまま女性の服を脱がしてエッチに移行するようにしましょう。

 

STEP4:丁寧に服を脱がせる

キスを多くした後は、女性の服を優しく脱がしてあげましょう。自身の服は、パッと脱いでしまって、女性の服は丁寧さを意識して、乱暴にならないように服を脱がしていきましょう。

もし、ブラジャーなどのホックがうまく取れなかったとしたら、無理に引っ張ったり、ガチャガチャいじり続けるのではなく、女性にとってもらうようにお願いした方がいいですね。

この時のポイントが、女性の脱がせた服を丁寧に扱い、軽く畳んでおくようにする事が大切です。衣服を丁寧に扱う事で、まるで女性自身の事を、とても優しく扱ってくれた印象になります。そして、下着に対しては「可愛い下着だね」と一言でもいいので褒めれたらベストです!

STEP5:優しく体を愛撫する

服を脱がせた部分からでもいいですし、全て脱いでからでもいいので、女性の体を優しく触ってあげましょう。優しく体にキスをするのもいいですね。耳たぶでも、首筋、肩など、優しくフェザータッチをするように触るだけでも、女性は、感じやすいです。

そして、胸の愛撫まで行いましょう。すぐに乳首を触ったり、乳首ばかり集中刺激するのではなく、全体を優しく触る中で、乳首も混ぜていくようにしましょう。

 

愛撫のポイントとしては、興奮からどうしても強く、激しく貪りたくなる気持ちが出てしまうかと思いますが、それを抑えて、とにかく優しく触れて、触る意識を持つ事が大切ですね。

そして、「可愛いね」「綺麗な肌だね」「愛しいな」など女性に愛しさを感じさせる言葉を言えたら、女性はとても精神的に嬉しく心から感じる事ができます。

STEP6:挿入の為の女性器の愛撫

体の愛撫の後には、女性器の愛撫を行いましょう。パンツの上からさわさわと全体を触ったり、パンツを脱がした後は、舌の腹を使って優しく全体を舐めてもいいですね。

 

とにかく、非常に繊細な部分なので、濡れてない指で女性器に触り擦って摩擦で痛みを起こさないように常に濡れた状態での愛撫を行いましょう。潤滑剤やローションを使うのがおすすめです。

女性自身、緊張で濡れにくかったり、体調によっても変化しますし、男性の愛撫行為でそこまで感じさせる事ができない場合だってあります。なので、潤滑剤は必須です。

 

女性の多くはクリトリス部分が気持ちがいいと感じるので、その部分を濡れた状態でフェザータッチのように優しく撫で続けたり、優しく舐め続けるなどの刺激を行いましょう。

 

クリトリスの刺激をだいぶ行ったら、膣内に人差し指1本入れてみましょう。この時に、少しでも膣内で、擦るような感覚があったなら、すぐに潤滑剤を使いましょう。

もし、女性が膣内が広がっていなくて、人差し指一本でも痛いようなら、小指から始めていきましょう。そして、優しくゆっくりとほぐしていく事で、2本は膣内に入る状態にしましょう。ポイントとして、ここでのほぐし行為をしっかりと行わなければ、挿入時に大きな痛みになってしまうので、ここにはじっくりと時間を掛けましょうね。

 

因みに、クリトリスでイカすこと、手マンで気持ちよくイカせることなどは、最初のエッチでは考えない方がいいですね。もちろん出来ることに越したことはありませんが、男性が初体験をする場合、女性に痛みを与えないで、女性を精神的に満たす事ができる、失敗しないセックスを行う事が何より重要です

 

正直、童貞が女性とセックスする時に、「痛みを与えない」だけでもかなり難易度が高いと言えるくらいに、多くの童貞は、行為の節々で強すぎて痛みを与えてしまったりするんですね。

STEP7:愛を伝えるペニスの挿入

膣内が十分に解れて、濡れた状態になったら、「入れていい?」と彼女に心構えをしてもらい、挿入を行いましょう。女性から特別要望がなければ、正常位で行いましょう。女性の反応から、痛くないのか、気持ちがいいのかの判断もつきやすいですし、体の密着も行えます。

 

挿入時にはしっかりとコンドームをつけましょう。これは、避妊、性病感染の観点からはもちろんですが、男性のたしなみだと思って、どんな状況でも挿入時には付けるように心掛けましょう。

女性の足を軽く広げて、女性の膣内場所を把握したら、いよいよ挿入です。女性の膣内がかなり濡れていたら、ペニスを膣に前後に滑らす事で、ペニスを濡らして馴染ませて挿入ができますが、濡れにくかったり、挿入中に痛みを感じるようなら、一度潤滑剤をペニスにも塗って挿入を行いましょう。

 

挿入時には、女性の反応を見ながら行い、痛みがないようなら、そのままゆっくりと奥まで挿入しましょう。ポイントは、ペニス挿入後は、とにかく、キスをしたり体を重ねて、愛撫を行い動かないでいましょう。その時にストレートな愛情表現を行いましょう。「綺麗だよ」「痛くない?可愛いな」なんてベタな言葉でいいんです。

 

慣れてくれば、「こんなに濡れてるよ。聞こえる?エッチな音」「ここ好きなんだよね」「どうして欲しいの?はっきり言わないと分からないな」なんて言葉攻めもいいですが、言葉攻めは一歩間違えると相手を萎えさせてしまう可能性もあるので、初めてのセックスでは、ストレートな愛情表現にとどめておく事がおすすめです。

 

挿入後は、ゆっくりとスローテンポでのピストン運動を行いましょう。AV動画のように激しいピストン運動は行う必要はありません。それよりも、ピストン運動をしながら、出来る限り、女性にキスしたり、抱きしめたり、愛情を伝える行為を行いましょう。

ポイントとして、最初から女性に対して、ピストン運動で気持ちよくさせるよりも、ペニスは入りながらも、精神的に満足させるように愛を伝える努力をする事で、女性にとってセックスの満足度はかなり高い物になります。

 

STEP8:とても大切な後遊

女性はセックスを通して男性からの精神的な満足を求めて、愛情を確かめます。そして、何よりもこの後遊こそが、この愛情をダイレクトに伝える事が出来るのです。

 

男性は、射精後は、「賢者タイム」になり、すぐに違った行動を起こしたり、眠ってしまったりとしますが、女性のセックスの余韻はとても長いんですね。

なので、エッチをする前の「安心できるエッチなムード作り」の時に行なった、とにかく体を触れ合うようにスキンシップを行い、イチャイチャしたり、キスをしたり、ストレートな愛情表現となる言葉を伝えたりと、女性の感情の余韻をどれだけじっくりと残し続けて、愛情を伝える事が出来るかが重要なポイントとなります。

最後の行為の記憶は心理学的にも、その日、全体の印象ともなりやすいので、初めてのセックスだとしたら、自身のテクニックに期待するんではなく、後遊にこそ力を注ぐべきですね

 

まとめ

初体験でも童貞でも、女性が満足して感動してもらうセックスをする為には、

  1. 女性に痛みを与えない
  2. 献身的なエッチで愛情を伝える

この2つを徹底して、

  1. エッチの前の最低限な準備
  2. 安心できるエッチなムード作り
  3. 長めのキス
  4. 丁寧に服を脱がせる
  5. 優しく体を愛撫する
  6. 挿入の為の女性器の愛撫
  7. 愛を伝えるペニスの挿入
  8. とても大切な後遊

といった基本的な流れでセックスを行いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です